生まれたままのメルセデス・ベンツ 500E

皆さんこんにちは! CLASICAの荻無里です。

昨日はサッカー日本代表がW杯予選、対キルギス戦を無事勝利しました!

予選連勝中!南野選手、キングカズ越え!しかしディフェンスは

まだまだ・・・

と、ここまでにして(笑) 今日はサッカーではなくベンツ500Eを深堀り

していきます!

pictuer002

以前にも紹介しましたが、当店には2台の500Eをラインナップして

います。

特に今日紹介したいのは右側の500E!こちらはカーステレオ以外は

全てオリジナルのままの500Eなのです。

(カーステレオは日本仕様のものに変更しているため)

500E シフトレバー500E シフトレバー2

そして本国仕様であるため、正規輸入車にはないEとSの切り替えスイッチ

が装備されています。Eはエコノミー、Sはスタンダードもしくはスポーツ

と呼ばれるそれぞれのモードがあり、Sのときに、より回転数が高いタイミ

ングでシフトが切り替わります。つまりSの方がさらに大きな加速感を得ら

れるということですね。


P1060128

そしてボディの色(ブラック)とバンパーの色(グレー)が違うのもオリ

ジナルの証です。サッコ・プレートと呼ばれイタリア生まれのブルーノ・

サッコというデザイナーがデザインし、爆発的な人気を博しました。

また、ホイールの形状、黄色のウィンカーランプレンズなどなど、、他に

もオリジナルの特徴がございます。

pictuer003

1992年式なので約27年間、これまでのオーナー様にここまでオリジナルを

貫き通されている車両は相当珍しいのではないでしょうか。色々と手を加

えられている車両も当然かわいがられてきたのでしょうが、こういった

’’無垢な年代物’’を手にする喜びはまた一味違う喜びや優越感を得られるので

はないかと思います。

にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
にほんブログ村